かつまたかわらばん NO.115「温める」

小山 亮介

今年も残すところあとわずかとなり、
かつまたかわらばんは、今年は今号で最後となります。

この時期になると、気温もぐっと下がってきて、
冷え性の方にはつらい時期ですよね。
実は、私も冷え性で、
この時期は、足先が冷たくなって、
なかなか寝付けないことがよくあります。

そこで、年末に相応しいかわかりませんが、
今回は、冷え性の話をさせて頂こうと思います。

まず冷え性の主な原因は、末梢血管の血流が悪くなることです。

男性に比べて、女性に冷え症の方が多いのは、
周期的にホルモンバランスが変動し血流が変わりやすいこと、
筋肉の量が男性より少ないため、
血液を循環させる力が弱いためと考えられています。

ですから冷え性改善には、
末梢血管の血流を上げる事が大切です。

その為には、やはり適度な運動が第一です。
血液を循環させているのは、心臓だけではなく、
全身の筋肉も関係しているので、
しっかり動かしてあげると血液の循環量は上がります。

そして、お腹を温める事。

人は体が冷えてくると、内臓を守ろうと、
血液をお腹周りに集めます。
体内の血液量は決まっていますから、
お腹周りに集まってしまった分、
末端に血液が回らず冷えるというわけです。
その為、お腹周りをしっかり温める事で、
お腹に集まってしまう血液を末端まで回すことができます。

寝るときには湯たんぽ。
これは電気毛布などと違い、
適度な湿度を保って温めてくれるのでお薦めです。

冷え性は、もちろん体質もありますが、
生活習慣との関係が非常に深いものです。

ポカポカ暖かく新年が迎えられるよう、
少しずつ生活を見直してみてはいかがでしょうか?

では、よいお年をお過ごしください。


buy a term paper now