ムチ打ち症の概念

近年、シートベルトやヘッドレストが常備され、追突事故の際、頚部の重篤な外傷は減少しています。しかし、交通事故外傷の過半数をムチ打ち損傷が占め、 年々増加傾向にあります。
交通事故にて受傷する患者さんの9割は首の痛みを訴えます。これは俗にムチ打ち損傷(外傷性頚部症候群)頚椎捻挫と呼ばれます。ここでは

Q1、ムチ打ち損傷とはいかにして起こるか。
Q2、一般的頻度の高い症状
Q3、ムチ打ち症での障害
Q4、診断
Q5、診療
Q6、保障
Q7、院長の考え

までプランを説明します。

-マメ知識-
“ムチ打ち”という用語は1928年に初めて用いられ、いろいろ異なる受傷のメカニズムを含んでいる。例えば、追突と側面衝突とでは異なる。運転者と同乗 者、あるいはシートベルトを装着しているか否かによっても異なる。


custom term paper writing